4ぶんの3メソッド

セルフケアトレーニング(SCT)

求職者がセルフケアスキルを身に付けるためのトレーニングのメソッドです。
4ぶんの3のセルフケアスキルを身に付けると、
求職者の自己理解が進み自信が育まれるだけでなく、
就職後、上司や同僚が採用された求職者の事を理解しやすくなり、
不安が減少することで三大コスト※が改善され、お互いにチームとして機能することを助けます。

4ぶんの3のセルフケアトレーニングは支援者がセミナーを通じてマスターし、
支援者から毎日提供することで、求職者に身に付けていただきます。

多くの支援者が提供している「生活リズムチェック」や「気分の良し悪しの記録」だけでは
三大コストを改善できません。ぜひ違いをご確認ください!

  • ※「能力を引き出すコスト」「判断・共有するコスト」
    「関係や状態を回復するコスト」

慶應義塾大学
中島教授

就職後の職場に発生するお互いの負担を引き下げるために、求職者が取り組むべきことをここまで明確に示したメソッドはほかには見ないですね。すべての求職者が取り組むと良いと思います!

4ぶんの3メソッド「SCTセミナー」

セルフケアとは何かを考え、仲間と議論しながら、自ら気づく参加型のセミナーです。

  • 全3回(3時間×3日間、合計9時間)
  • 対象:支援者(就労支援に携わる方すべて)

セミナー構成

  • 初回

    セルフケア概要編(3時間)

    セルフケアとは何かを学び、またセルフケアツールの作成をします。受講した翌日から求職者にセルフケアトレーニングの目的や重要性を伝え、本人専用のセルフケアツール(シート)を作成する支援ができます。

  • 2回目

    セルフケア運用編(3時間/初日から2週間頃がお勧めのタイミング)

    SCTでもっとも重要なのはこの運用編。毎日求職者がセルフチェックするだけでなく、支援者の関わり方によって効果が何倍にもなります。支援者の関わり方こそSCTの最大の特徴。受講した翌日から、求職者と二人三脚で学びを深めることができます。

  • 3回目

    就活編(3時間/就職活動に臨む1か月以上前がお勧めのタイミング)

    多様性を受け入れることのできる就職先を見つけるための就活のありかたを学びます。受講した翌日から、求職者が迷いなく就活を進めることを支援できます。

ご依頼方法

お問い合わせ欄からご連絡を頂ければ、速やかに返信いたします。
その後はご要望を伺いながら、実施までをサポートします。

お勧めスタイル
  • 一度の参加者数は5名から最大30名まで可能ですが、
    10名前後で受講するとより議論が深まり、学びが多くなります。
  • SCTの導入を考える施設は、全スタッフが同時に受講することで、
    より実践的で機能しやすくなります。
  • 違う施設の方が混在してグループを作って頂いても構いません。

金額

1回あたり8万円。3回合計24万円の一律料金です。

  • ※税別、交通費別途。
  • ※受講者数によりお値段に変わりはありません。
  • ※講義内容にご要望があり、専用の資料作成が必要になる場合は資料作成費用を頂く場合があります。
    詳しくはお問い合わせください。
  • 特典1

    大幅ディスカウント!!

    1回あたり3万円OFF! 3回合計9万円OFF!

  • 特典2

    ご満足保障!!

    初回を受講してご満足いただけない場合は、ご料金を頂きません!

    ※その場合は2回目以降のサービスのご提供はできません。

実績

代表の北村が開発したセルフケアトレーニングツールKSTEPは全国100事業所以上で導入済です。
ただしSCTのノウハウをマスターしている事業所はまだまだ少数です。この機会にぜひ!

お問い合わせ